私と大分県

ここではこのお店「グロウイング食卓便」店長の私と主な商品の大分県食材の関わりについて触れたいと思います。

大分県の出身である大学の後輩が大分県食品開発研究会に所属のメーカー(山忠、くにみ農産加工、やまろ渡邉、丸果大分大同青果)および富士甚を、私に紹介してくれましたことが大分産品との最初の出会いです。 11年間、首都圏でさまざまな飲食料品の卸販売をしてまいりました弊社ですが、この地域の食材を知るにつれ次第にその素晴らしさから離れられなくなりました。

恵まれた、海・山の自然からの素材を十分に生かしたこだわりの商品・・・

さらには出会ったメーカーの社長の人情味にも惚れました。  大分の良き人そして良き味。
早速に私は首都圏での弊社の顧客に食材をご提案し、業務用・通販用を主にこれまで展開してまいりました。

国東半島、豊後水道、別府湾、由布岳、久住高原・・・恵まれた自然・風土。
そこで培われた特産物 カボス、赤しそ、しいたけ、梅干、豊後牛、豊のしゃも、関さば・関あじ、活きブリ、ふぐ、ひじき、海苔・・・、 あつめし、ひじき、燻製、由布麺、天領米、ポン酢、鯛味噌・・・

魅力いっぱいの食材たち。これらの品を誠意をもってできる限り、皆様にご提供していく事がこのオンラインショップのおおきな理念であります。 皆様の美味しい笑顔がたくさん増えていくように頑張ります。よろしくお願いします。






.

大分県産品サポーターの会

大分県農林水産部・おおいたブランド推進課が主唱しまして旗揚げされた機関です。
今春、東京・銀座にオープンしたフラッグショップ兼レストラン「坐来 大分」を拠点とした
首都圏への大分県産品の販売開拓とブランド化の事業展開を目的としております。
当社「グロウイング食卓便」は今までの活動が認められ首都圏における大分ゆかりの流通会社の代表として
サポーターの会の一員に任命されることになりました。

2006年6月 「坐来 大分」で行われました、大分県産品サポーターの会、意見交換会に出席。
2007年2月には東京の代表メンバーで生産地の現地視察に参りました。

これからも大分県生産者と共にこだわりのある、健康で、安全な食材を各地に広めていくことに
尽力をしていきたいと思います。

















.

大分県食品開発研究会

大分県食品開発研究会とは、大分県・産業振興課(当時)および大分県中小企業団体中央会の指導の元に15年前に設立した「大分県食品開発協同組合」 17社の集まりが前身の機関です。
5年前に現在の組織に再編成、 各々異なる食品を扱う13社が集まり、大分県食品開発研究会として活動しております。

【活動主旨】
本研究会は、大分県に拠点を置く地場優良産業の発展を目的とした機関です。
参加各社による大分県生産品の品質向上と確保、および県外各地へのマーケット拡大 を行います。
通常の活動として、会員相互の信頼関係のもとに、お互いの情報・技術・ノウハウなど、食品関係の情報交換並びに研修会を定期的に行います。

【通常事業内容】
1.情報交換会(2ヶ月に1回)
2.研修会・研究会の開催
3.その他目的達成のために必要事業

2003年 ニュージーランド視察旅行 写真はワイン工場の見学の様子

【近年の主な活動】
大分県初の食品商談会 ジェトロ香港にて
出発前に広瀬大分県知事に面会、激励をいただきました。
  
【協力事業団体】
大分県産品サポーターの会

【会員一覧】
■(株)サンヨーコーヒー【黒豆ミックスコーヒー・ココア、ハーブ醤油など】
■(株)桃太郎海苔【焼き海苔、ワカメスープなど】
■くにみ農産加工(有) 【フライドガーリック、赤鶏炭火焼など】

■三和酒類(株) 【焼酎(いいちこ・西の星)、清酒、ワインなど】
■宇佐水産(株) 【大分県産天然素材(小エビ・小カニのから揚げ)、佃煮など】
■スターフーズ(株) 【カルシウム強化パン、冷凍ピザなど】
■(株)菊家 【南蛮どら、鉄人ロールケーキなど】
■丸果大分大同青果(株) 【果物(カボス・梨他)、野菜】
■(有)ミートプレイズ松山 【手作りハム、ソーセージなど】
■(株)山忠 【シーガニックひじき、海藻サラダなど】
■(株)やまろ渡邊 【あつめし、うるめいわし丸干し、すりみ天ぷらなど】
■ユワキヤ醤油(株) 【にんにく醤油、かぼすポン酢、ドレッシングなど】
■事務局 極東印刷紙工(株) 【印刷、ペーパーバッグ、パッケージデザイン】

「The・おおいた」ブランド

the おおいた

大分県では農林水産部おおいたブランド推進課が中心となり、今年度より「The・おおいた」ブランドづくり運動を開始しています。
農業産出額が九州内でも下位に低迷する農業の再生が大分県の最優先課題の一つであり、経済的な発展を視野に入れた農業を目指ざすべく振興に取組んでいます。

「The・おおいた」ブランドづくりを進めるにあたって、これまでの「産地起点のものづくり」から「流通起点のものづくり」へ転換し、県域を単位とした生産流通体制を確立することにより多様な消費ニーズに対応していくことにしています。

園芸戦略10品目 
野菜:トマト、白ねぎ、こねぎ、いちご
果樹:カボス、梨、ハウスミカン
花:キク、バラ、トルコキキョウ
大分県の顔となる(第2の「乾しいたけ」)に次ぐブランドづくりを進めています。

自然豊かな大分の大地から育まれた安全安心で新鮮な美味しい農産品を消費者に喜んで頂きたいのです。

ページトップへ